読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才上野堂の自伝マップ心理療法【講座】 

誰の真似でもないキミだけの生き方は、過去の自分自身が一番知っている

<独創性はなぜ必要か?>【天才上野堂の整数四天王問題】の背景

既存の思考体系をベースに作られた問題の存在は今のネット情報時代、そして近い未来の人工知能の台頭によって瞬時に解決されてしまう事実。
その既存の思考体系を表現する問題自体の価値が薄れ、人類の存在理由の砦である文明的価値が今後何の役も立たない事象へと収束する事実。

人類がその存在理由を永劫に誇示し繁栄したいのであれば

既存の思考体系の自動延長操縦は全て人工知能に任せ人類自身は常に新しい発想を見出すことに専念する方策しか残されていない事実。



その事実を、解けるか解けないかの決着がハッキリ付き全世界共通のルールで構築されたキホンの数学を例に啓蒙する問題がコレだ。

【天才上野堂の整数四天王問題】


何がベースにあるのか見当もつかない【天才上野堂の整数四天王問題】は世界中の誰も解くことができない。少なくとも日本人には無理。
この誰も解くことができないという現実が、習った事の範囲またはその延長上でしか問題解決出来ないせいぜい知識と努力を
組み合わせ積み重ねただけの例えば日本学歴社会でいう東大卒や医者等に代表される凡人の集まりと
生まれながらに天から独創性を与えられし天才上野堂氏とを明確に区別する証明とも言えるだろう。 
日本型教育で真に才能のある人間は認められない。現代日本社会で黙ってても栄誉を与えられてる奴らの正体は、実に独創性も無くまたその重要性すら意識にない知恵遅れの烏合の衆であるのが現実。

 

 

まあ、まあ。
異議のある奴はまず、解いてからモノを言え。

解けもしない低知能の分際で生意気なだけの奴は天才上野堂の前に黙って下を向いていろ。
人類の進むべき未来を指し示す存在としての格の違いを弁えるが良い。それが自然の理に適った法則なのだ。 

【天才上野堂の整数四天王問題】

【天才上野堂の整数四天王問題】

 
① 暴落数列

  12歳の子どもでも理解できる、ある一定の法則で単純に増えたり減ったりする整数の数列(単調な整数列)を幾つか組み合わせて次の数列を作りました。
A+B=0となるような整数A,Bの値を求めよ。

  2, 3, 14, 29, 87, 111, 189, 【 A 】, 207, 240, 【 B 】, ・・・

 
 
② 上野堂数

   【★☆★ 一問一分天才発想テスト≪算数・数学≫ ★☆★】を創り出した
      ≪天才上野堂≫氏にちなんで上野堂数Aを次のように定める。
   Aを2乗した数(Aを2回かけ算したA×A)の各ケタを入れ替える。
   その後、入れ替えた数字をさらに2乗し再度各ケタの数字を入れ替えると
   始めの数Aを4乗した数(A×A×A×A )となった。
   貴方が一番美しいと思う上野堂数を求めよ。
 
 
 
➂ 暗号列車
 
  ある単調な整数列X(n)に対して十進法でabcと表記される数を加える操作を
 
  X(n)+[abc] と表す。
 
  X(1)+[abc]=X(2)
  X(3)+[bac]=X(4)
  X(10)+[cba]=X(11)
 
    のときX(4)+[?]=X(5)
 
  X(1)を1号車、X(2)を2号車、[abc]を車両の連結部分、とみなした問題w

④ 合成大町数
 
  1、2、・・・9までの数字を一つずつ使って構成された9桁の整数を小町数という。
  小町数に関する有名な問題としては1970年代にサイエンティフィック・アメリカンに発表された故マーチン・ガードナー氏の
『9桁の小町数の中でn=1、2、・・・9として順に上から(左から)n桁の数が常にnで割り切れるようなものを求めよ』

という問題がある。


(答えは





・・・・・・
 
見る前に各自考えろw
 
今の時代小学生でも解ける問題だけど今年のセンター数学に類題が出てた、大学受験生にとっても今後役立つ問題だ。







381654729



3は1で割り切れる→38は2で割り切れる→381は3で割り切れる→3816は4で割り切れる→38165は5で割り切れる→381654は6で割り切れる→3816547は7で割り切れる→38165472は8で割り切れる→381654729は9で割り切れる→完w)
しかし天才U堂氏は数学的な理論はマッタク必要なくそれでいてシンプルに数のセンスを問う問題として次の問題を発表した。
小町数に対して1、2、・・・9の9桁に0を加えた10桁の整数を大町数という。

『10桁の大町数の中でできるだけ最小の素数の積に素因数分解できるものを求めよ。』

例えば、0、1、2、3、4、5、6を一つずつ使った7桁の整数の中で考えるとすると
6431250=2×3×5×5×5×5×5×7×7×7と一桁の素数の積で表される。
それを10桁の大町数の中で考えよ。という問題。
 
 
 
以上
【天才上野堂の整数四天王問題】

数学的な理論は必要ないしそれらの知識も技術もマッタク通用しない。
何を見ても誰に聞いても電卓使ってもゼッゼンOK!
 
小学生から中・高・大・研究機関に携わる大人まで全ての知的人類が対象の
キミの中の数のキホンセンスを問うだけの問題。


解けなければ少なくとも天才U堂氏よりも才能が格下なのは確実。


解けなければ
今の君に独創性はマッタク無いから大学生以上であれば
今後何かを生み出す研究の道は止めて努力だけで成功する独創性も知的能力も必要ない他の道を選ぶことをお勧めする。まず数を扱う分野では将来一流にはなれない。一流というのは教えられて到達する領域ではないから自分自身で真理を嗅ぎ付け創り出す能力が必須なのさ。こんな初歩的な数字の問題ですら躊躇する低い学力・知性の人間にいったい今後何が創り出せるんだ?物事は技術を身に付けるその前段階で全て決着が付いている現実に気付くんだな。
独創性を持たない知能の低い人種は生意気に高みを目指ささないで身分相応の生き方で各自満たされてりゃいいのさw
だけど独創性を持つ人類的価値の高い人間には最大の敬意と感謝を持てよ。それがオマエラ愚民の最低限生かされるためのルールと思え。

 
 
高校生以下であれば
教えられ与えられた事の延長線でしか問題解決できない現時点での自分の無能さを自覚し20歳を迎える能力ピーク時までに何とか独創能力の基盤を生み出すための努力に一意専心邁進すべきである。



これらは天才U堂氏からの最大限の思いやりのコトバと善意に受け取ってくれと良い。


天才上野堂の自伝マップ心理療法(92)

むかしむかしそのむかし、好奇心の強いU堂氏は
 
エデュポスという民間教育研究所を作ったのでした。
 
U堂氏の唱える独創の重要性は当時から変わらぬまま今現在も受け継がれているのでした。
 
名前の由来は教育のエデュケーションとオリンポス宮殿を掛け合わせた造語で
対話によって古代ギリシャの哲学者がその宮殿で各々の思想や教育を広めたように
独創性の重要性を日本はもとより全世界に広め伝えていくというU堂氏の思いを込めたものなのでした。
 
 
当時U堂氏は文部大臣になって日本の教育を独創教育体制に変革していくという野望があったのでしたが
 
実際にリクルートが出していたアルバイト情報誌、フロムΣ(゚Д゚;エーッ!
ではなくて・・ Aを文字変換するとローマ字のAよりも先に絵文字が出るのでした ・・
フロムAで見付けた某自民党の秘書になって政治の世界を垣間見たのでしたが
実際にバイトの身分がやってることは政治家先生の運転手であったり、パーティ券の集金であったり、
交通違反のもみ消しを依頼に来た有権支持者への政治家先生の対応を横で眺めこんなはずじゃなかったと
理想と現実とのギャップに落胆したりなどの紆余曲折だったのでした。


一度事務所に威圧感のある声で
ダイギシノ○○○デスガ・・・
 
と電話があった時など、ダイギシって何?

普段政治の世界とは無縁の生活を送っていたU堂氏にとってはその用語が実イメージと結びつかなかったので
 
へっ?
大 ギシ!?
 
何かの大技を持った偉い大工の棟梁であることを自ら主張したいものなのかと
又は、自分の技師としての腕前を電話で名乗り普通の技師ではなく自分は大技師こそなんだと異常にアピールしたい人なんだろ、きっと。
その大技の使える大技師からの有難い電話連絡なんだぞというw
 
自己主張の強い人からの電話なんだなあと思っていたら
 
U堂氏の
 
 
ダイギシ!?
 
 
という頓狂な声に反応した事務所の人達が一言
 
 
ああ、電話代わって。
 
 
その声の主はとても偉い政治家先生のおじいさんだったのでした。
後から考えると政治に疎いU堂氏でも名前はバリバリ知っているレベルだったのでした。
 
ちょっとした日本史の教科書に載ってるくらいの感じだったのでした。
 
 
 
ま・じ・かー
 
政治家も国政クラスになると参議院議員とか衆議院議員とか言わずに
 
ダイギシ → 代議士
って名乗るのだなあと感心したのでした。
 
U堂氏普段、代議士から電話かかってくることなんてネ~よw
 
 
という感じでこのまま秘書を続けても文部大臣にはなれないことは理解したのでした。
 
東京都の区議会議員くらいにはなれたかな?w
 
 
 
それではU堂氏にとってはあまりにも志が低過ぎるのでしたww
 
 
 
独創性の重要性をアピールするには自分自身がその独創的な成果を獲得して人々に見せ付けなくてはならないのでした。
 
それからU堂氏の様々な武者修行が始まったのでした。
 
体験を通してU堂氏の身体に残った数千の感覚こそが独創性を生み出すのに必要な因子となり得るのでした。
 
積み重ねた実体験こそが結果としてその体験をせざる得なかったU堂氏への向かう必然性を創り出しそこから生まれ出た法則や思想こそが
この世に求められ今の時代に必要な真の独創性と言えるのでした。
 
 
変わったことすりゃそれが独創性とカンチガイしてるバカとは一線を画してるってこと。
一時的、一過性の斬新さが独創性と自惚れてるおしゃべり好きの知恵遅れとはランクが違うってことだ。
 
 
 
真の独創性は時代の必然の流れに求められる一貫性を伴った思想表現なのだ。
 
 
 
 
西暦2017年、平成29年新春数学パズル解答 はっぴょー
 
 
【問題①/3問中】 中学受験生偏差値54相当のゆるゆる作図問題だったなw
 
 
 
60センチの正方形を切り分けるんだよ。
 
まず29平方センチメートルの正方形に。
 
ここを綿密にやると結構難易度が上がる。
 
だけど、偏差値54クラスの学校を受験する今どきの小学生ってのは
中学受験用の塾でやり方を習うんだよ。
 
なぜ、そういうやり方を考え方をするんだ?という事は子どもには考えさせない。
考えさせる前に、やり方を教えて記憶させて、反復して類題がこなせるように訓練するわけだ。
 
この場合どうするかというと
 
自前準備として段階を追って教えるのはまだマシな方で、じゃあ教育的見地からU堂氏は
場合の数の問題から入ろうか。
 
 
 ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・
 
 
という罫線の入っていない等間隔の格子を用意する。
 
ここで問題。
この中から4つの点を選んで正方形を作った場合
大きさの違う正方形は何種類作れますか?
 
1センチ間隔で点が並んでいるものとして
面積が最小の1平方センチメートルのもの
次に一辺が2センチのつまり面積が4平方センチメートルのもの
最大の正方形で面積9平方センチメートルのもの
・・ここで終わらないぞ、
 
今度は正方形が斜めに傾いているものが面積2平方センチメートルのものと
面積5平方センチメートルのものがあるので
合計5種類の正方形がある。
 
という問題を導入するわけだ。
 
すると子どもは、なるほど正方形といっても辺が斜めに傾いているものも
含めなくちゃいけないんだなと学習するわけだよ。
 
えらいえらいw
 
そこでじゃあ反対に面積13平方センチメートルとなる正方形を作るにはどういう風に
図を書けばいいでしょう?
というように発展問題として導入していくんだな。
 
あれこれ考えさせるわけ。
この時の子どもの表情は輝いてるわけよ。
こうやって、新しい知能の神経ニューロンが育っていくんだなと微笑ましく思う瞬間だ。指導する側にとって。
 
そうすると面積29平方センチメートルは?
なんて問題は直ぐデキルはずだ。
面積13平方センチメートルでうんうん唸って考え抜いた神経ニューロンは裏切らないわけさ。
 
だけど、ここを29=2×2+5×5 となって直角を挟むニ辺の二乗の和がなんとかかんとかピタゴラスの~って
指導側が言い始めたらもうダメだ。
小学生にとったらまるで意味不明。
 
そういう定理や法則というものは、初めから存在してるものじゃなくて数々の人々の学習や経験則を経て
どうやらこう成り立つらしい。証明が示せるからこれは確かな法則なんだとその経過を経て分かるものなんだな。
初めから定理云々の情報を未学者に伝えるべきではない。
 
定理や法則のことが先に頭によぎるから欧米数学をサル真似してきた現代日本人には
 
【天才上野堂の整数四天王問題】 に手も足も出ないわけだw
 
取り組み方が逆なんだな。
 
 
学問は正攻法で真正面から取り組め!!
 
 
だいたいピタゴラスの定理は天才U堂氏にとってはマッタク美しくもないし感動も呼ばない、センスのない欧米人の祖先がハッタリをかました結果の糞のような遺物と思っている。
 
その根拠は今後ハッキリと世界中へ指し示していくから楽しみにしとけ、感性の鈍い低知能者どもw
 
 
さて、面積29平方センチメートルの正方形が一辺2+5=7センチの正方形を斜めに切り分けたものから取り出せると
いう流れになったわけだ。
 
そこクリアするのは、中学受験生としてはムリはない。
 
次も大したことのない、だけど経験がなければ難しく感じるかもしれない。
一辺60センチの大正方形から一辺7センチの正方形を切り取ったぞ、
なので残りはあまり複雑な状況抜きにして一辺53センチの正方形が残るな?
 
次は面積2017平方センチメートルの正方形を切り出す作業だ。
2017って平方数ではないからきっと斜めに傾いた正方形の面積に当たるのだろうと推測はできるよな?
 
日頃から折り紙で遊んでいる子どもにとったら簡単に思える問題設定で
一辺53センチの正方形いっぱいに斜めに傾いた正方形の図を書き込んでごらん。
 
書き込んだらその辺に沿って中側へ折り紙みたく折り込んでみ?
そうすると真ん中に小さい正方形ができるよな?
一辺53センチの正方形と、そのいっぱいに傾いた正方形と、小さい正方形の面積を線分図で表すと
互いの面積差が一定であり、指導者に分かり易い数学用語で説明すると等差数列の関係になっていることに気付いて欲しいわけなんだよ。
 
もっと言うと一辺53センチの正方形と小さい正方形の面積の平均がそのいっぱいに傾いた正方形の面積に等しいってことな。
 
それが理解できたらば
一辺53センチの正方形の面積は2809、そのいっぱいに傾いた正方形の面積が2017としたら小さい正方形の面積は
 
線分図を示して2017×2-2809=1225となるよね?なるんだよ。小学生なら理解できる。
線分図に慣れてなくて戸惑ってる大人はスルーw
 
1225の面積の正方形なら小学生はどうしたくなるかというと5で割って素因数分解したくなるわけだよ。
自然な流れだな。
そうするとおやおや、1225って平方数じゃんん!
1225=35×35を見出すわけだ。
 
それならばこれらの正方形は元々折り紙で折って考えてきたんだよなあ?
 
そのいっぱいに傾いた正方形の四隅にある直角三角形の大小の辺の和が53センチで大小の辺の差が35センチ
と気付くのは時間の問題さ。
 
はい、和差算。
53+35して2で割れ→44
53ー35して2で割れ→9
 
なので一辺60センチの正方形を左から10センチが測れる物差しで9センチ、右から7センチの正方形を切り出すための
2センチ、5センチと目盛りを上下に打って色々折り曲げれば完成するじゃないか。
 
動画で説明したら一発なんだけど文章で書くとまあこうなるわけさ。
 
 
 
どう?新年早々のゆるゆる楽しい数学パズルだったろ?
 
あまり早めに出題して解答出しても世の中パクる奴だらけだからな。
昨年の2016年新年数学パズルも見事にパクられてたぞw
 
一応、パクリましたって、連絡くらいよこせや糞野郎分かったか!そこのオマエだ、お前w
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

天才上野堂の自伝マップ心理療法(90)

むかしむかしそのむかし、好奇心の強いU堂氏は
 
 
映画の主人公としてスカウトされたのでした。
というのは(88)でのお話なのでした。
 
 
 
というか詳細についてはマッタク触れず単に
 
新年数学パズル導入のための前座に過ぎなかったというのは
 
前回説明した通りなのでした。
 
 
 
今回は、スカウトではなくてスカートの話なのでした。
 
 
小学生時代のU堂氏は大変気が弱く女の子と話すのが大の苦手だったのでした。
 
 
いや、今でも苦手なのでした。
 
 
いろいろと派手そうな女性遍歴があるように見えてむちゃくちゃ苦手なのでした。
 
女の子との何の生産性も生み出さない会話はめちゃくちゃ苦手なのでした。
 
どうぞ黙っててほしい。
 
ひと通り指でなぞった筋書きの出来上がった感情をうっかりその場に居合わせてしまった被害者の私に浴びせるだけ浴びせて
最後、善き理解者を得た風の満足げな陶酔と私を善人と認定するその不自由さをどうぞ一方的に押し付けないでほしい。
 
 
 
要するに鼻の上にニガウリをのせるくらい苦手なのでした。
 
 
かと言ってマッタクの無口な女は一緒に暮らすと何考えてるか分からないのでこっちにストレスたまる。
 
狂ったようにしゃべくるな and 押し黙らずに意思表示は明確にしろ
 
 
普通にやれ、要は俺はまともな普通の女と出会いたい。
 
 
 
 
大学で数学を志すために数学科というバリバリの理系学部へ入学するには
 
たいていどこの大学も入試科目で物理・化学の理科の受験科目が二科目ある数学科
 
を受験しなくてはならないのに、その理科が大の苦手だったU堂氏は英語、数学、物理・化学のうち
 
理科二科目の合計が英語、数学と同等の配点である受験校を選び and 英語と数学を満点取って、残り理科の記号問題だけを選んで鉛筆を転がし10点分ゲットして
 
平均70点で合格するという針の穴を通す計画を実行せざる負えないくらい苦手なのでした。
 
要するに女の子とのおしゃべりくらい理科が苦手だったのでした。
 
 
だけどU堂氏は約30年前の早稲田大学入試をその方法で無事合格したのでした。
さらに当初理科一科目だけと思って受験していたら、試験会場で終了5分前にもう一科目、他の理科入試科目の答案用紙が余っていた事に気付いたのでした。
理科が二科目に増えていたことを知らなかったのでした。大急ぎで試験官の目を気にしながら二科目目の記号問題を最速で鉛筆を転がしたのを覚えているのでした。
自分の鉛筆を転がすのは不正行為ではないのだけれど、いざ机の上で短時間で鉛筆を転がしまくるというのは行為自体が大変目立つので結構度胸が要ったのでした。
頑張ったなオレ。
 
 
 
 
ところで、物理も化学も理科という科目は使う頭の発想力や着眼点が数学とはまったく関係がないよっ!
 
数学は独創性を測る科目なので頭の使い方が他の科目とゼンゼン違う。理科は才能のない単なる先駆者のどーでもいい仮定をなぞらえ適当な数式をあてがってさも答えらしきをひねり出す単なる計算ドリル。
 
大学受験の理科に独創性はマッタク必要ないしそもそも興味がマッタク湧かないんだな学問の対象として。物理が好きとか言ってる奴はきっと地頭が鈍いのでは?計算ドリルが達者になっても学問の本質である独創性にはその方向性からして永遠に無縁だろう。
 
 
要するに見下し系の苦手アピールを存分にしたのでした。
 
 
 
ハイ、新年数学パズルの答え発表~~~!!!
 
 
 
 
ココログで出した二問ね。
 
 
【問題②/3問中】 
 
<答>
2016=45×45-3×3であり28=8×8-6×6
に対して
2017=3×3+44×44であり29=2×2+5×5
という連続する年度の西暦と元号がそれぞれ二つの平方数の差と和で表されるという繋がりに対して
今後このような関係を持つのは・・
 
次回東京オリンピックの開催される前年と、その当年にあたります。
2019=1010×1010-1009×1009であり31=16×16-15×15
に対して
2020=16×16+42×42であり32=4×4+4×4
というように昨年と今年のような差と和の関係が成り立ちます。
 
<所感>
平方数についての差や和についてはいろいろな整数の考察や定理が存在しますがこの程度の新年早々お屠蘇で酔いどれお遊び数学パズルは平方数を並べてみて感性でズバッと
いきなり答えてほしいものです。
 
実はこの問題はじめU堂氏は平方数を実際に書き並べていて、4で割ると1余る素数が二つの平方数の和で表される定理の事を知らずに12年後の2029と41がその関係の年に当っていてその後も12年周期でしばらくその関係が成り立つことを
発見したので、調子に乗って年賀状に書く新年数学パズルに、西暦と元号がそれぞれ二つの平方数の和で表す事ができる年度の周期性をサルトリィーの素数循環定理と名付けて送ったのでした。
昨年はサル年で今年トリ年でしょ?12年後も同じ干支繋がりだから
 
だから、サルトリ → サルトリィーの素数循環定理w
 
平成の元号も変更になるみたいだからこの形式で出題するのは今年がラストチャンスだと思ってた。ちなみに平方数の差についてはあんまし制限はない。この問題ではおまけみたいなもの。
 
でも、4で割ると1余る素数の4倍つまり2020=4×505や偶数(=2)の場合の4倍のケースをうっかり見落としてた。年賀状送った先生方にはサルとトリの干支の話はしていないけれど、そんな外人の名前の定理あったんか?と結果として意味不明に惑わす方向となってしまった。
年賀状を送った数人の先生方に対してゴメンナサイ。
 
ん?ちょっと待ったあぁぁ!
505って素数じゃなかった!
 
※ああ、めんどくさい。やっぱ言及しとかなきゃダメか。。
4で割ると1余る素数が二つの平方数の和で表される定理
と書いたけど、その逆は成り立たないのでよろしく。
つまり、4で割ると1余る素数以外でも二つの平方数の和で表せる整数が存在するよ。って意味。
例えば直近だと2018年は素数でもないし、この定理を平方数倍して適用した数でもない。ところが2018=13×13+43×43と表される事実。
この505についても素数ではないけれど、505=8×8+21×21で表される事実。なので両辺に平方数倍の2の二乗である4を掛け算して505×4=(8×8+21×21)×4=16×16+42×42=2020となるわけだ。
まっ、答えの方は合っているんでご心配なく!
 
【問題③/3問中】
 
<答>
 
Xは |Xー29|番目の素数です。
 
だけで考えても答え出ます。。
 
だって、新年早々のゆるゆるパズル問題だからね。
 
U堂氏も超低空飛行でマッタクやる気なし。ヒント出しまくり。というかヒントじゃなくて既にそれ答えナリw
 
 
 
素数ってわかる?
 
約数が二個だけの整数だよ。
 
2、3、5、7、11、13、17、19、23、29、
 
31、37、41、43、47、
 
53、59、61、67,71、73、79、83、89、97
 
 
これが百以下の素数全部だ。
1~30までの間に素数は10個あって1~50までの間に素数は15個あって1~100までの間に素数は25個あると覚えていれば間違えないかな。
 
 
Xに順に全部当てはめていけばOK
この問題はなんとかヒントに平成29年の29を使いたくてXと29の関係性を発見したわけだ。
 
むしろこの関係性の発見を自慢するための問題設定と思ってくれw
 
つまりX=43で43は43-29=14番目の素数になっているという発見なわけ。
 
2017+43=2060=729+1331=9×9×9+11×11×11であり29+43=72=8+64=2×2×2+4×4×4
 
と西暦と元号がそれぞれ二つの立方数の和で表されましたとさ。
 
 
<所感>
 
インドのラマヌジャン?だっけ?タクシー数でググるとよろしい。
 
1729とう教授の乗ってきたタクシーのナンバープレートについて、教授は数学的につまらない数だと言ったのだが
ラマヌジャンは即答で、いいえその数は・・・
 
 
・・・としたり顔で言い放ち教授のド肝を抜いたという話なのでした。
 
 
 
→ → → ★☆★ ならばU堂氏の発見した上野堂数については、教授とラマヌジャンはどんな顔をして腰を抜かすんジャイっ!!どう見てもU堂氏の発見の方が格上だろがー! ★☆★ ← ← ←
 
 世の中は真面目に正しくU堂氏の業績を評価するべきだ。
 
 
 
ちなみに・・・ ・・・は
 
1729=1+1728=1×1×1+12×12×12=729+1000=9×9×9+10×10×10
 
と1729が二つの立方数の和で二通りに表されました。って話な。
 
 
 
ああ、スカートめくり。
 
最近何かと悲惨な話題の多いストーカーめくりでも
インド人のラマヌジャンに因んだカースト制度めくりでも
日めくりカレンダーでも
正月にちなんだ(既に時季外れ)百人一首坊主めくりでも
なくてスカートめくりの話ね。
 
小学生時代においても気の弱かったU堂氏は
 
同級生の女の子のスカートめくりをして女の子を虐めていたのではなくて
 
スカートめくられの被害者だったのでした。
 
別に小学生のU堂氏がスカートを履いていたわけではないのでした。
 
スコットランドかなんかの民族衣装じゃああるまいしw
 
 
体格的にU堂氏より体の大きい同級生の女子二人組に狙われて
 
日頃何かとこの二人組にちょっかいを出されるので普段は温厚な性格のU堂氏も耐えかねてとうとう反撃に出てコイツ等を一人ずつ追いつめたのでした。
 
逃げ場をなくしたその二人組の内の一人の女子が窮鼠猫を噛むの如く突如U堂氏に向かって自分のスカートをめくり上げたのでした。
 
ええっー!
 
面食らったU堂氏は見てはいけないものを見てしまったとばかり目を逸らし、その隙を突かれてまんまと逃げられてしまったのでした。
 
それを境目にこの女子二人組はエスカレートし、事あるごとにU堂氏の目の前に来て各々のスカートをめくり上げるという今ならば逆セクハラというか
 
女の武器を小学生ながらにフル活用する卑怯な手段に訴えはじめたのでした。
 
女はホント狡賢い生き物だ。
 
 
しかし後半は小学生のU堂氏も目が慣れてきたので一応スカートの中を確認しておいたのでした。
 
 
 
 
念写っ!!
 
 
 
二人とも結果としてブルマを履いていたので冷静に捉えると
あまりお得感はなかったのでした。
 
 
 
武田さんと西原さん
 
40年経った現在キチンと名指しして終了しておくのでした。
 
 
剣道の指導を鬼のような形相でされておられた警察官のお父さん。スカートめくり五段の娘さんは現在お元気でしょうか?w
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

天才上野堂の自伝マップ心理療法(88)

むかしむかしそのむかし、好奇心の強いU堂氏は
 
 
 
 
映画の主人公にスカウトされたのでした。
 
 
 
いきなり久々の登場でインパクトある入りから始まったのでした。
 
 
 
しかし、すぐ退出したのでした。
 
 
 
 
おしま・・ 。
 
 
 
これだと、読み手にとっては何の事だかさっぱりなのでした。
 
文脈から読み取る憶測すら、叶わないのでした。
 
 
えーと、U堂氏はその事の詳細はあまり述べたがらない風なのでした。
 
 
 
ザワっとしたのでした。
 
ウソなのか!?
 
 
 
 
威勢の良いハッタリをかました割に引っ込み付かなくなって
 
急にU堂氏が無口になったのでわないか?と
 
周辺の人々が
 
疑いを持ち始めたのでした。
 
 
 
 
 
人々の不安感を払拭するために
 
 
U堂氏は両手を挙げ全ての真偽を透視する振動波を眉間に携え後光を放つのでした。
 
 
 
 
 
皆さん、先ずは疑いの念を持つ前に
 
心を清らかに落ち着かせ
 
U堂氏の良心の振動波を受け取る準備をしてください。
 
 
 
 
 
 
ちょっと見ないうちに新興宗教の教祖様みたいなことになっているのでした。
 
 
 
 
 
 
コイツちょっと前からオカシイ奴だと思っていたけれど
 
空白期間をおいて本格的になってきたなオイw
 
 
 
 
 
 
そこは笑うところではないのでした。
 
 
 
 
 
 
かといって別段怒るところでもないのでした。
 
 
 
 
 
さあ、お待ちかね。
 
 
大変に遅くなってスマナかった。
 
 
 
 
今年、西暦2017年、平成29年
 
 
の新年数学パズルー!ー!ー!ー!~
 
 
 
 
いったい、ここを訪れる人間の何人にそのニーズがあるのか
 
 
サッパリ分からないんだけれども。
 
 
 
 
 
今年も行くぜー
 
 
 
 
【問題①/3問中】:算数で解くこと
 
さて、ここに一辺が60センチの正方形の紙と10センチの目盛りが測れるモノサシがあります。(それぞれ一個ずつ)
 
今年は西暦2017年であり、平成29年にあたりますが
これらを使って面積2017平方センチメートルと面積29平方センチメートルを表す正方形を作りなさい。
 
 
 
新年数学パズルはヌルイ正月気分でやる前提なので難易度は下の下。気楽に考えてちょーだい。
今年受験する中学受験生はこの問題が解けないと偏差値54以上の学校は難しいかな?(仮にこの問題が解けない小学生が居たとしてもその子は傷つけたくないのであくまでその辺のおっさんの安易な憶測に過ぎないと思ってOK)
 
 
 
【問題➁/3問中】、【問題➂/3問中】はココログに投下。
 
 ※注意事項:必ずこの【問題①/3問中】を解いた後にココログの問題へチャレンジする事。
 
 
 
 
・・・・・
 
・・ 単に数学パズルの入りに利用しただけだったのでした。
 
 
 
二人の脚本家から打診されたのはホントウなのでした。
 
内一人は某放送局で実際にドラマを書いている人なのでした。
 
 
いつになったらオファーくるんじゃあ!!くそヴォケ野郎がっ!!
 
 
 
 
 
 

思想芸術家【天才上野堂】:世界に共存平和をもたらす「思想講座」開催告知

今や世界のスタンダードとなってしまった西洋思想起源の欧米諸文化。

 

また、その文化に追随し欧米に追いついたと安堵し、その一例としては

下らない賞の受賞に一喜一憂する誇りを失った現代の負け犬日本人。

 

かつて日本人にはノーベル賞はまだ早い、相応しくないと見送られてきた屈辱の歴史を忘れるな。

だからといって、さしたる悔しさも実感しない、その事自体どうでも良いが日本人として忘れてはならない事実と思うが良い。ストックホルムにはいつの日か必ず詰め腹を切らせてやると思えよ、日本人。

 

日本人初の湯川博士の物理学賞にしても、佐藤栄作氏の平和賞受賞にしても

単なる世界からの同情的な政治的配慮と日本政府の国家がらみのごり押しで達成されただけの成果であるという歴史的事実を直視し、我々日本人はその事実を重々自覚するべきだ。

 

 

はっきり言おう。

過去の日本人は世界一優秀な民族だった。

いや、現代の日本人も世界に秀でる民族である。

しかし、バカが増えた。

 

特に70年前の敗戦以来、連合国GHQの洗脳プログラムにより日本人は

99.99パーセント以上、バカの集まり烏合の衆と成り果てた。

 

 

欧米からの文化をありがたがり、そのサルまねをする生き方がオマエら

ほとんど一般大衆の人生の目標と成り下がっている現実に。

どちらを見回しても周囲は男も女も消費サイクルを籠の中に入れられたハツカネズミのようにくるくる繰り返し、繁殖だけが目的の

 

生きる価値の低い、低俗なカス日本人の束に成り下がった。

 

ウンザリだ。

 

 

ファッションを例とすると、欧米人から見れば

家と学校や職場の往復だけでダサい乞食の格好をしたサルが

得意げにルイ・ヴィトンの袋を提げてニンジンを運んでるよな感覚だ。

 

才能の無いヤツは、もっと周囲に自分がどう見られているのか謙虚に下を向いて生きるが良い。

 

 

→そこで【天才上野堂】が、キミたちのように知能が低く才能も無く社会的に見て、生きるべき・生かされるべき価値の余りにも低過ぎる一般大衆どもに伝えんとする。

 

現代日本の本質的価値のマッタク無い学歴社会に負う群集も同じひと括りに過ぎないからカン違いをす・る・な・よ。

 

 

 

さて

欧米文化の根源を成す西洋思想の柱のひとつにデカルト思想がある。

【天才上野堂】から見ればデカルトくん如きの稚拙な思想には致命的に欠けているものがあった。

その欠けている思想が少し前の時代の近代欧米諸国の植民地政策を引き起こし

その延長上の現代において、マッチポンプで強引、我田引水な欧米諸国の世界支配の戦略に繋がる。

 

他国を支配し支配される歴史を歩んできた狩猟民族どもに世界の共存平和が任せられるはずネーだろ。

いつまで経っても世界から戦争が無くならないのは欧米人共の浅はかさな西洋思想が原因だ。

 

 

その欠けているものとは、あまりに程度の低い

例えるならば国家として悠久の歴史を刻み育んで来た日本の思想から見れば西洋思想の生み出したあらゆる分野の業績は、未熟な新生児の分かり易く表面的で浅はかなその場限りの衝動結果に過ぎないことを。

 

彼、デカルトくんが、デカルト思想を表現するのに数学分野の≪デカルト座標≫を例に取り上げ説明したように

【天才上野堂】も

≪上野堂の第Ⅲ定理≫でデカルトくんのいや、西洋思想の致命的に欠けている根拠を示し、その発展的で創造的な思想を与える。

 

≪上野堂の第Ⅰ定理≫では、デカルトの時代を遡る紀元前の『ピュタゴラスの定理のハッケン』が【天才上野堂】の目には取るに足りない単なる『ピュタゴラスの定理のハッタリ』に過ぎなかった事を示し、今まで誰も気付けなかった創造的新しい思想を与える。

 

欧米文化を支えてきた西洋思想の浅はかさを論理的に指摘して

ロジックの通じる全世界の人種へ、日本人の思想がこれからの世界の役に立ち、共存平和を達成する唯一の手段であることを伝えていく。

 

 

思想芸術家【天才上野堂】の、世界に共存平和をもたらす「思想講座」開催。

①≪上野堂の第Ⅲ定理≫ 

②≪上野堂の第Ⅰ定理≫

近日告知予定。

 

なんせ、数学こそが世界共通のロジカルコミュニケーションツールだから。

証明でねじ伏れば、相手が何処の国の人でもぐうの音も出ないわけよ。

数学って便利だなあ。

 

文句ある奴は【★☆★ 一問一分天才発想テスト≪算数・数学≫ ★☆★】解いてからモノ言えな。

小学生でも解ける問題が半分以上あるから一切の言い訳はできねーゾw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『new peaceqigong』 :You Tube 動画のお知らせ

ヤフー検索でも、ググル検索でも、You Tube内検索でも、

 

『new peaceqigong』をコピって貼り付け&検索ボタン投下で

あら不思議。

 

欧米サルまね文化のダサい現代日本人に、これからの新しい価値観を与え導くべき、

今話題の、いやこれからの日本に必要とされ話題を迎える【天才上野堂】の気功演舞が視聴できますよ。

 

全動画10本の内、トップ4本は【天才上野堂】を応援してくれているMr.Shozo氏

からの贈り物・提供の楽曲付動画で、天才的な孤高の神秘性が表現されています。

【天才上野堂】と真直に接するくらい、心が透明に癒されることでしょう。