読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才上野堂の自伝マップ心理療法【講座】 

誰の真似でもないキミだけの生き方は、過去の自分自身が一番知っている

天才上野堂の自伝マップ心理療法(68)

むかしむかしそのむかし、好奇心の強いU堂氏は
 

 
。 お面占い 。 を  ~~  のつづきなのでした。
 
 


アんね
何で、どうして人は占いに夢中になるか知ってる?
 


自分自身の未来のことを見ず知らずのアかの他人に
ゆだねて相談する理由って

わかる??
 


人は皆、選択する人生の連続に疲れ果てた末
誰かに丸投げして自分が単に楽になりたいだけ。
 
 


これが占いの本質。
 
 


占って欲しい人は自分の生き方に疲れ果てて。
 

普段一生懸命自分の人生と向き合って頑張ってる人ほど
自分の選択してきた過去を振り返って、もっと最良の選択が出来たんじゃないかと反省を含めて反芻したいだけ。
 

常に自分を律して完 璧に磨き上げようとする真面目な人の発想なんよね。
 


過去を振り返って反省し改善し未来に役立てる意志は立派だけど、そうすることによって反対に失われるナニカに気付かなきゃいけない。
 
 
 
 
と、お面占いのU堂氏は
自慢のヒゲを指先でなぞりながら説くのでした。
 
 
 
 
ちなみにU堂氏に、ヒゲは一切生えていないのでした。
 
 
なんとなく仙人風のイメージで文章の趣旨を盛り立ててみたのでした。 った。
 
もう、突っこまないのでした。った。
 
 
 
そう、過去を振り返って反省する人間は
自身の行動に自信のナイなまずがピクリともしないような群集の集まりなのでした。
 
 
 
 
 
いや、なまずがピクリともしないだけに地震がない。
 
 
 
 
 
 
ここが笑うところじゃ!!
 
 
文章だけで伝えようとすると
伝える側のU堂氏のテンションが不明なため受け取り側は対応に困るのでした。
 
 
 
実際に近くで話すと
そもそも理屈や論理的思考が大嫌いなU堂氏はイチイチ細かい講釈など説明しないので
ヒゲを指先でなぞりながら・の段階で笑いの第一波を誘って、なまずがピクリとも・の段階で腹を抱えて周りを笑いの渦に巻き込むのでした。
 
 
 
試しに読者の皆様、あらためて声を出して下の四行を読んでみて。
 
 
 
なまずがピクリとも
なまずがピクリとも
なまずがピクリとも
なまずがピクッと。
 
 
 
 
 
 
 
U堂氏の悪い癖は
伝えたい趣旨が山ほど残っているというのに
横道に脱線しまくって、結局何が伝えたかったのか読み手にあやふやな印象しか残さない。
 
という特技を発揮しまくることなのでした。
 
 
そしてU堂氏は自分のまいた種を拾いきれずに疲れ果ててあとは勝手に眠りに付くのでした。
それか一番言いたかった論点を端的に一言で言い放って強制終了するのでした。
 
要はエネルギー配分を計算に入れずに書き始めるので後半に行くに連れてメンドくさくなってくるのでした。
 
 
 
仕事でも進路でも恋愛でも人生でも
他人から影響を受ける前に自分の行動の筋書き全部決めとけ。
 
例えば恋愛で10回アプローチしてダメなら次へ行く。と行動に移す前のイマ、この今決めとけ。
 
仕事などの交渉事も自分の納得できる条件を提示したときの譲歩出来る幅を交渉前のイマ、この今決めとけ。
 
相手の都合や条件にムリして自分を押し込もうとする意志の弱い上っ面の長続きしない偽善精神をイマ、この今叩き出せ。
 
進路先も自分のやりたい勉強はこれだ。この勉強に関係のない進学など一切しない。の退路を断った誓いをイマ、この今決めとけ。
 
 
人の話を聞いて参考にしようとするから迷う。
迷うから悩む。悩むから占いに依存する。依存するから自分で決められない。
 
 
 
 
コレ、占いを宗教、健康食品、悪徳ビジネス、ギャンブル・・・
 
人の心の弱みに付け込むスベテの商売に置き換えてごらん。
 
 
 
 
世の中の仕組み、分かってきたかな?
 
 
 
 
行動する前に自分で筋書きを決めとけば悩まないで済むのさ。
ただその筋書きの決め方は自分の法則に則って決めなきゃならない。
ここがポイント。
 
 
 
一番シンプルな筋書きの決め方は
必要なときに必要な人生の選択がこの道以外にあり得ないと思うソッタクドウジの体験をすることなんだけどね。
(ソッタクドウジを知らなかったら調べろ。道元さんの言葉と高校生のとき社会の先生に習った気がする)
 
 
この道以外にあり得ないという選択眼を持ってなければ
自分で筋書きを決める自分の法則を創ればいい。
 
 
 
自分の法則を自分で創るからこそ人生は楽しいんだろ。
 
若いうちから失敗しても良いから行動する前に筋書きを決め、その行動の結果と照らし合わせて
 
自分の予想や判断がどれくらい正しかったか真理に近かったかの体験の検証を積み上げて
自分の法則を創っていくんだよ。当然付け焼刃では創れない。
 
 
 
若いうちから自分の人生を創っていく大切さを【天才上野堂の自伝マップ心理療法】で伝えていたんだよ。
 
 
 
 
なに?
はじめにその趣旨を教えて欲しかったって??
 
 
 
 
うん、何でも答えを教えてもらえる前提で行動してるサービスに慣れすぎた現代日本人に対する警鐘なの。
 
 
 
この自伝マップ心理療法は人気取りのブログじゃないよ、とはじめに言っているだろ。【天才上野堂】の大衆に対する啓蒙活動の一環だと何回も断っているだろ。
 
 
 
。 お面占い 。
 
は結局地回りのヤクザ屋さんから警告を受けたにもかかわらず
そのヤクザ屋さんの悩みを聞く羽目になって占って、U堂氏がお釣りを用意していなかった事も手伝い
千円の占い代金に一万円札を出されて、しょうがネーナお釣りはイラネーよ。と言われ思わぬ高額占いになってしまったり。
 
何度もテーブルの前を行き来する男性のお客さんがいて、意を決したように
会社が倒産しそうで女房、子供と離婚することになりそうだが、占ってくれないかと。かなりヘビーな依頼を受けたりと
 
しかし、U堂氏も占いの手順に沿って占ったところ、ああ、会社は倒産しますね。離婚についても同様です。
 
と占いに表れた事実だけを素っ気無く述べたりと、お客さんの心情に併せた占いの結果説明に無頓着であったり
 
以外と重くのしかかるヘビーなお客さんのプレッシャーに耐えかねて占い師は即辞めたのでした。
 
当初予定していた若い女性の恋愛相談が一件も来なかったのは大きな誤算なのでした。
 
 
経験の少ない20代そこそこのU堂氏では占いの商売は難しかったのかもしれなかったのでした。
 
今ならできるかな?
 
 
 
いや、くれぐれも占いに依存するのは止めとけ。お前らな。
 
 
 
 
なのでした。
 
 
 
 
 
ピクッ。