読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才上野堂の自伝マップ心理療法【講座】 

誰の真似でもないキミだけの生き方は、過去の自分自身が一番知っている

ちょっと気の早い2016年新年算数パズルwww解答だ!(後後後後段)

はい起きたー

 

 

もう、タイトル表記は 

 

後×後×後×後段=後^4段 

 

でいいんじゃね?


さてさてさてさて=(さて)^4、いよいよ大詰め。マッタなし!!

 

 

 

解説の大トリですな

 

『Xは15で割ると9余り、27で割ると18余り、75で割ると54余り、135で割ると99余る最小の自然数である。4Xを求めよ。』

 

が問題なのでした。


 

さて、今までの(前段)(後段)(後後段)(後後後段)(後後後後段)

 

             ↑ 何か群数列っぽいw ↑

 

での解説の流れを読んでもらえると、すんなりやり方や答えが分かると思うんですけどね。

 

まあそうで無くてもですね、今年は西暦何年?

 

あ、はい、2016年ですよね。

 

2016って4の倍数ですよね。

 

ならば新年算数パズルって言ってんだから4X=2016かなあ?

なんて、思わなかった?

 

知り合いの数学教師の皆様方へこの問題を年賀状の裏に御挨拶と共に送っているので

新年早々、難問で苦しめてやれ。みたいな発想は元々無いわけなんですよ。

 

どちらかいうと、お屠蘇を飲みながらのんびり楽しんで解いてもらいたいくらいで

最初から答え自体は丸見えで、やる気になって解き始めると、おおコレは!

みたいな導火線効果も織り交ぜて作問してるわけなんスよ。



なので、答えは2016です。

考える隙与えズw

 

 

で、ここからが本番。

と言っても、もう(前段)以降でネタばらしてますやんん。

 

わざわざ4Xを求めよ。と尋ねてるわけだからね

 

 

じゃあ4Xを各与えられた数で割ると幾ら余るのかな?って思考回路になるよね?

 

 

4Xを15で割ると9×4ー15ー15=6余る → 15ー6=9足りない

4Xを27で割ると18×4ー27-27=18余る→27ー18=9足りない

4Xを75で割ると54×4ー75-75=66余る→75ー66=9足りない

4Xを135で割ると99×4ー135ー135=126余る→135ー126=9足りない

 

よって、4Xは15、27、75、135で割ろうとしても9足りない数である。

 

隣の学校から生徒を9人借りてきて4Xに足しておけば、15でも27でも75でも135でも割り切れたんだよ。最小公倍数675より

 

4X=675×nー9の式で表せる。

 

 

けど、ここで油断禁物だったよねえ。

 

 

求めるものは4Xだけど、Xは675×nー9という数を4で割ったときに整数として成立してなきゃならないわけだからそのようなn=3として

 

 

答え。4X=675×3ー9=2016 となるわけね。

 

 

 

ちなみに2016に近い平方数として45×45=2025があって

今年2016=45×45ー3×3の性質を取り入れた作問だったというわけですね。

 

 

解答・解説 完。