読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才上野堂の自伝マップ心理療法【講座】 

誰の真似でもないキミだけの生き方は、過去の自分自身が一番知っている

天才上野堂の自伝マップ心理療法(92)

むかしむかしそのむかし、好奇心の強いU堂氏は
 
エデュポスという民間教育研究所を作ったのでした。
 
U堂氏の唱える独創の重要性は当時から変わらぬまま今現在も受け継がれているのでした。
 
名前の由来は教育のエデュケーションとオリンポス宮殿を掛け合わせた造語で
対話によって古代ギリシャの哲学者がその宮殿で各々の思想や教育を広めたように
独創性の重要性を日本はもとより全世界に広め伝えていくというU堂氏の思いを込めたものなのでした。
 
 
当時U堂氏は文部大臣になって日本の教育を独創教育体制に変革していくという野望があったのでしたが
 
実際にリクルートが出していたアルバイト情報誌、フロムΣ(゚Д゚;エーッ!
ではなくて・・ Aを文字変換するとローマ字のAよりも先に絵文字が出るのでした ・・
フロムAで見付けた某自民党の秘書になって政治の世界を垣間見たのでしたが
実際にバイトの身分がやってることは政治家先生の運転手であったり、パーティ券の集金であったり、
交通違反のもみ消しを依頼に来た有権支持者への政治家先生の対応を横で眺めこんなはずじゃなかったと
理想と現実とのギャップに落胆したりなどの紆余曲折だったのでした。


一度事務所に威圧感のある声で
ダイギシノ○○○デスガ・・・
 
と電話があった時など、ダイギシって何?

普段政治の世界とは無縁の生活を送っていたU堂氏にとってはその用語が実イメージと結びつかなかったので
 
へっ?
大 ギシ!?
 
何かの大技を持った偉い大工の棟梁であることを自ら主張したいものなのかと
又は、自分の技師としての腕前を電話で名乗り普通の技師ではなく自分は大技師こそなんだと異常にアピールしたい人なんだろ、きっと。
その大技の使える大技師からの有難い電話連絡なんだぞというw
 
自己主張の強い人からの電話なんだなあと思っていたら
 
U堂氏の
 
 
ダイギシ!?
 
 
という頓狂な声に反応した事務所の人達が一言
 
 
ああ、電話代わって。
 
 
その声の主はとても偉い政治家先生のおじいさんだったのでした。
後から考えると政治に疎いU堂氏でも名前はバリバリ知っているレベルだったのでした。
 
ちょっとした日本史の教科書に載ってるくらいの感じだったのでした。
 
 
 
ま・じ・かー
 
政治家も国政クラスになると参議院議員とか衆議院議員とか言わずに
 
ダイギシ → 代議士
って名乗るのだなあと感心したのでした。
 
U堂氏普段、代議士から電話かかってくることなんてネ~よw
 
 
という感じでこのまま秘書を続けても文部大臣にはなれないことは理解したのでした。
 
東京都の区議会議員くらいにはなれたかな?w
 
 
 
それではU堂氏にとってはあまりにも志が低過ぎるのでしたww
 
 
 
独創性の重要性をアピールするには自分自身がその独創的な成果を獲得して人々に見せ付けなくてはならないのでした。
 
それからU堂氏の様々な武者修行が始まったのでした。
 
体験を通してU堂氏の身体に残った数千の感覚こそが独創性を生み出すのに必要な因子となり得るのでした。
 
積み重ねた実体験こそが結果としてその体験をせざる得なかったU堂氏への向かう必然性を創り出しそこから生まれ出た法則や思想こそが
この世に求められ今の時代に必要な真の独創性と言えるのでした。
 
 
変わったことすりゃそれが独創性とカンチガイしてるバカとは一線を画してるってこと。
一時的、一過性の斬新さが独創性と自惚れてるおしゃべり好きの知恵遅れとはランクが違うってことだ。
 
 
 
真の独創性は時代の必然の流れに求められる一貫性を伴った思想表現なのだ。
 
 
 
 
西暦2017年、平成29年新春数学パズル解答 はっぴょー
 
 
【問題①/3問中】 中学受験生偏差値54相当のゆるゆる作図問題だったなw
 
 
 
60センチの正方形を切り分けるんだよ。
 
まず29平方センチメートルの正方形に。
 
ここを綿密にやると結構難易度が上がる。
 
だけど、偏差値54クラスの学校を受験する今どきの小学生ってのは
中学受験用の塾でやり方を習うんだよ。
 
なぜ、そういうやり方を考え方をするんだ?という事は子どもには考えさせない。
考えさせる前に、やり方を教えて記憶させて、反復して類題がこなせるように訓練するわけだ。
 
この場合どうするかというと
 
自前準備として段階を追って教えるのはまだマシな方で、じゃあ教育的見地からU堂氏は
場合の数の問題から入ろうか。
 
 
 ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・
 
 
という罫線の入っていない等間隔の格子を用意する。
 
ここで問題。
この中から4つの点を選んで正方形を作った場合
大きさの違う正方形は何種類作れますか?
 
1センチ間隔で点が並んでいるものとして
面積が最小の1平方センチメートルのもの
次に一辺が2センチのつまり面積が4平方センチメートルのもの
最大の正方形で面積9平方センチメートルのもの
・・ここで終わらないぞ、
 
今度は正方形が斜めに傾いているものが面積2平方センチメートルのものと
面積5平方センチメートルのものがあるので
合計5種類の正方形がある。
 
という問題を導入するわけだ。
 
すると子どもは、なるほど正方形といっても辺が斜めに傾いているものも
含めなくちゃいけないんだなと学習するわけだよ。
 
えらいえらいw
 
そこでじゃあ反対に面積13平方センチメートルとなる正方形を作るにはどういう風に
図を書けばいいでしょう?
というように発展問題として導入していくんだな。
 
あれこれ考えさせるわけ。
この時の子どもの表情は輝いてるわけよ。
こうやって、新しい知能の神経ニューロンが育っていくんだなと微笑ましく思う瞬間だ。指導する側にとって。
 
そうすると面積29平方センチメートルは?
なんて問題は直ぐデキルはずだ。
面積13平方センチメートルでうんうん唸って考え抜いた神経ニューロンは裏切らないわけさ。
 
だけど、ここを29=2×2+5×5 となって直角を挟むニ辺の二乗の和がなんとかかんとかピタゴラスの~って
指導側が言い始めたらもうダメだ。
小学生にとったらまるで意味不明。
 
そういう定理や法則というものは、初めから存在してるものじゃなくて数々の人々の学習や経験則を経て
どうやらこう成り立つらしい。証明が示せるからこれは確かな法則なんだとその経過を経て分かるものなんだな。
初めから定理云々の情報を未学者に伝えるべきではない。
 
定理や法則のことが先に頭によぎるから欧米数学をサル真似してきた現代日本人には
 
【天才上野堂の整数四天王問題】 に手も足も出ないわけだw
 
取り組み方が逆なんだな。
 
 
学問は正攻法で真正面から取り組め!!
 
 
だいたいピタゴラスの定理は天才U堂氏にとってはマッタク美しくもないし感動も呼ばない、センスのない欧米人の祖先がハッタリをかました結果の糞のような遺物と思っている。
 
その根拠は今後ハッキリと世界中へ指し示していくから楽しみにしとけ、感性の鈍い低知能者どもw
 
 
さて、面積29平方センチメートルの正方形が一辺2+5=7センチの正方形を斜めに切り分けたものから取り出せると
いう流れになったわけだ。
 
そこクリアするのは、中学受験生としてはムリはない。
 
次も大したことのない、だけど経験がなければ難しく感じるかもしれない。
一辺60センチの大正方形から一辺7センチの正方形を切り取ったぞ、
なので残りはあまり複雑な状況抜きにして一辺53センチの正方形が残るな?
 
次は面積2017平方センチメートルの正方形を切り出す作業だ。
2017って平方数ではないからきっと斜めに傾いた正方形の面積に当たるのだろうと推測はできるよな?
 
日頃から折り紙で遊んでいる子どもにとったら簡単に思える問題設定で
一辺53センチの正方形いっぱいに斜めに傾いた正方形の図を書き込んでごらん。
 
書き込んだらその辺に沿って中側へ折り紙みたく折り込んでみ?
そうすると真ん中に小さい正方形ができるよな?
一辺53センチの正方形と、そのいっぱいに傾いた正方形と、小さい正方形の面積を線分図で表すと
互いの面積差が一定であり、指導者に分かり易い数学用語で説明すると等差数列の関係になっていることに気付いて欲しいわけなんだよ。
 
もっと言うと一辺53センチの正方形と小さい正方形の面積の平均がそのいっぱいに傾いた正方形の面積に等しいってことな。
 
それが理解できたらば
一辺53センチの正方形の面積は2809、そのいっぱいに傾いた正方形の面積が2017としたら小さい正方形の面積は
 
線分図を示して2017×2-2809=1225となるよね?なるんだよ。小学生なら理解できる。
線分図に慣れてなくて戸惑ってる大人はスルーw
 
1225の面積の正方形なら小学生はどうしたくなるかというと5で割って素因数分解したくなるわけだよ。
自然な流れだな。
そうするとおやおや、1225って平方数じゃんん!
1225=35×35を見出すわけだ。
 
それならばこれらの正方形は元々折り紙で折って考えてきたんだよなあ?
 
そのいっぱいに傾いた正方形の四隅にある直角三角形の大小の辺の和が53センチで大小の辺の差が35センチ
と気付くのは時間の問題さ。
 
はい、和差算。
53+35して2で割れ→44
53ー35して2で割れ→9
 
なので一辺60センチの正方形を左から10センチが測れる物差しで9センチ、右から7センチの正方形を切り出すための
2センチ、5センチと目盛りを上下に打って色々折り曲げれば完成するじゃないか。
 
動画で説明したら一発なんだけど文章で書くとまあこうなるわけさ。
 
 
 
どう?新年早々のゆるゆる楽しい数学パズルだったろ?
 
あまり早めに出題して解答出しても世の中パクる奴だらけだからな。
昨年の2016年新年数学パズルも見事にパクられてたぞw
 
一応、パクリましたって、連絡くらいよこせや糞野郎分かったか!そこのオマエだ、お前w